• ギャラリー IND 大阪

    横井悠 個展 Four FoursNo.1105 横井悠 個展 "Four Fours"

    池田遊子 個展 maverick 独行No.1104 池田遊子 個展 "maverick - 独行"

    岩ア史枝 個展 A STORY IN MATCHBOXNo.1103 岩ア史枝 個展 "A STORY IN MATCHBOX"

    堂東由佳 個展 呑気な時間 嫌な予感No.1102 堂東 由佳 個展「呑気な時間、 嫌な予感」

    今村遼佑 個展 の向こうその他No.1101 今村 遼佑 個展 「...の向こう・その他」

  • 展覧会名

    「...の向こう・その他」

  • アーティスト名

    今村 遼佑 Ryosuke Imamura
    今村遼佑作家ウェブサイト 今村遼佑プロフィール

  • 展覧会会期

    2011.4.1 - 4.24

  • 展覧会メインイメージ 今村遼佑 個展 の向こう・その他
  • 今村遼佑展示風景1 今村遼佑展示風景2 今村遼佑展示風景3 今村遼佑展示風景4 今村遼佑展示風景5 今村遼佑展示風景6 今村遼佑展示風景7 今村遼佑展示風景8 今村遼佑展示風景9
  •  僕の作品は物事を捉えるにあたって、どちらかと言えば修飾を増やし饒舌に語るのではなく、要素を削り沈黙へ向かうような方法を取っていますが、その作品の着地点が、ただ沈黙へと向かう消失点の見える場所ではなく、集束する沈黙を通して解放されるその向こう側を眺めさせる場所に位置していて欲しいと思っています。


     そのために、想像力を導き出すためのきっかけとして作用するものを作りたいと考えています。そのきっかけが小さければ小さいほど、日常とフィクションとを同時に眺めさせるような、新しい風景を出現させることができるのではないかと思っています。



    In order to capture and express the essence of the object, movement or phenomenon, I’ve followed the way of employing fewer words and toward silence, instead of using excess words or a lot of modifiers. And through my work, I’d like to invite the viewers not to the place where they can feel the extreme limit of silence but to the point where they can find something beyond the silence. That’s always part of my intention.


    So, I always try to create something that will have the faint glimmer of a clue to imaginative power because I think the more tantalizing a clue to imagination is, the more effect it will have. I hope my work will be such a clue and represent both ‘what we see’ and ‘something beyond what we see’ at a time.


    今村 遼佑 Ryosuke Imamura
    (translation:Takuma Yoshikura, Director)

  •  本展覧会は、「ひるのまをながめる shiseido art egg vol.5」(資生堂ギャラリー/東京)、「ながめるとみつめるのあいだ」(studio 90/京都)につづく今年3回目の今村遼佑個展となります。
     マッシブで堅固な形態をもった彫刻や、究極まで要素をそぎ落としたミニマルな彫刻とも異なり、その作品は例えばオルゴールの軸と弦の回転、LEDの小さなランプの点滅、糸巻きに巻き取られまた放たれ落下する物体の動きやそれがたてるかすかな音など比較的日常的なものの組み合わせからなり、展示についてもインスタレーションとしての要素を含むものを多く発表してまいりました。
     本展覧会ではそうした空間全体を体験するタイプの作品とは少し異なるアプローチを取り、むしろ作品を一つ一つのモノとして見ていただく試みになる予定です。
    作者の内面的な感情、感傷、メッセージ、また作品に現れる手技などはパターン化された機械仕掛けの作用等により、おそらくはあえて秘かに封じ込められていますが、その作品解釈が大胆に鑑賞者に預けられる分、作者が提示する仕掛けや意図が鑑賞者個々の内面にも多様な意味を構成していくものと考えます


    This is the third solo exhibition of the artist this year, following “looking over the day” (shiseido art egg vol.5) @ SHISEIDO GALLERY /Tokyo, and “See/Gaze” @ studio 90 /Kyoto.
    Ryosuke IMAMURA has ever created his works using everyday objects such as the parts in music boxes, small LED lamps, threads and reels, and so on. He has presented most of his works in the form of an installation rather than as massive stable sculptures or minimal ones honed to perfection.
    In this exhibition, however, he is going to pursue a different approach beyond his former ones. His inner feelings, aesthetic sentiments and messages, or technical skills will be hidden behind the patterns which the mechanical movements of his works make, and in the movements he will deliberately write into his works, we can read, as we like, a variety of words from him and various meanings from his works.


    GALLERY IND. 吉倉拓真
    Director : Takuma Yoshikura