• ギャラリー IND 大阪
  • 展覧会名

    "maverick - 独行"

  • アーティスト名

    池田 遊子 Yushi Ikeda
    池田遊子プロフィール

  • 展覧会会期

    2011.09.09 - 10.02

  • 展覧会メインイメージ 池田遊子 maverick 個展 Gallery IND 上本町
  • 池田遊子展示風景1 池田遊子展示風景2 池田遊子展示風景3 池田遊子展示風景4 池田遊子展示風景5 池田遊子展示風景6 池田遊子展示風景7 池田遊子展示風景8 池田遊子展示風景9
  •  物故作家、池田遊子(1909−2006)の彫刻作品を主とした展覧会を開催致します。

     その制作活動は、1927年に始まる堂宮彫刻師としての仕事から数えれば80年の長きに及んだことになりますが、今回の展示では特に戦後1950年代から1960年代に西洋のモダニズムを吸収しながらも独自の実験的傾向を見せる作品を中心に、その多岐にわたる活動の一断面を紹介致します。

     連合国軍による接収が解除された後、1947年に大阪市立美術館三階(天井裏)に自身の研究工房を設け、1951年に同美術館で開催されたピカソ展の向こうを張る形で個展を同時期に開催するなど強烈なエピソードも残る作家ですが、アカデミックな美術学校に学ぶことなく、また特定の会派に属することを排し、現実の作品で生涯模索し続けた作家であり、今回の展示作品を通してその体験の厚みを少しでも感じて頂ければと存じます。


    This is a retrospective exhibition of Yushi IKEDA(1909−2006).

    He started his career as an sculptor for shrines and temples in 1927, and since that time he kept on working as a “maverick” artist for 80 years.

    This exhibition will feature some of his modernism sculptures created in the postwar period.

    Now we have a few interesting anecdotes that paint some picture of him. For example, in 1947 he set up his own studio under the roof of Osaka City Museum of fine Arts just after the takeover by UN force was over, or in 1951 he presented his solo show in the museum against the Picasso’s exhibition held during the same period, and so on.

    Putting those episodes aside, without getting any academic education in any art school in his early days and without belonging to any school of artists ever after, he continued on his course for his entire career.


    GALLERY IND. 吉倉拓真
    Director : Takuma Yoshikura